2006年06月03日

ドキドキ検査

昨日「ノアちゃん」宛にお手紙が届いた手紙
それはいつも5ワンがお世話になってるペットクリニックから。
『ワクチン接種の時期ですよ〜注射』と。。。

こちらはノアを譲ってもらったブリーダーさんに紹介された獣医さん。
家から車で35分、ちょっと遠いけどこちら以外には行かない。
それはこの病院の先生をはじめ、スタッフの方達がとても感じが良く、
親切で安心して犬達を診てもらえるから四葉
だからかれこれ5年お世話になっている。

さてノアのワクチン接種に行きましょか〜という時には、
必ず親戚が飼っているダックスの『ジュン』も一緒に連れて行く。
06.6.3.JUN.JPG
ジュンはノアより1ヶ月早く同じブリーダーさんの元で生まれた子。
ノアもジュンも同じ血が流れる親戚犬なので、顔もどことなく似てる!
子犬だったジュンを見て我が家でも『ダックスが飼いたい揺れるハートと思ったんだっけ。
だからジュンこそが、マルチーズ以外眼中になかった私達家族を
ダックスの虜にしたきっかけとなった犬なのだ犬(笑)
この子に出会い、すぐ同じブリーダーさんからノアを譲ってもらった。
本当はジュンの兄弟犬をもらう予定だったのに、たまたま生後40日の
赤ちゃんノアを見て私も母も秒殺され、急遽予定変更exclamation
ブリーダーさんを拝み倒して乳飲み子ノアを譲ってもらったのですぴかぴか(新しい)
それが今じゃ。。。<撃沈>


今日は引き取ったルイも検査してもらおうと思っていたので
ノア・ジュンと一緒に車に乗せた。

すると置き去りにされると察知したセナ・ミラが騒ぎまくるダッシュ(走り出すさま)
近所迷惑になるので結局ダックス隊、全て連れて行く羽目にたらーっ(汗)
置いていかれた可哀想なナイト坊や・・・
自分もダックスに生まれたかったとピーピー嘆いていたけどお留守番。

病院に到着病院フィラリア予防の時期で混んでいた。
10時オープンで15分に到着したので、かなりの待ちかアがく〜(落胆した顔)
でも獣医さんが3人居たので、以外に早く回ってきた。
最初はワクチンだけのジュン・ノアから。
恐がりジュンはおとなしいのですぐに終わり。
同じ恐がりでも病院嫌いのノアは台の上で目をひんむいて『やめれ〜〜〜どんっ(衝撃)
私に助けを求めるたらーっ(汗)
暴れて体重も量れないので私は看護士さんに部屋から出されたふらふら
体重が計り終わると私が抱っこし、背中に注射注射
以外とおとなしくプスッと射して終わり。

最後は2月末に引き取ってから1度も検査を受けていなかったルイ。
もっと早くに診てもらえば良かったのだけど、怠け飼い主のせいで、
今頃になってしまった。
前に育てられた最悪な環境では、フィラリアの予防などしてなかった。
勿論8種混合ワクチンなども受けてなどいない。

だから怖かった。検査後に「陽性です」などと言われたらと。。。
ルイはセナと同じ環境下で飼われいたが、そこにはフィラリアによって
腹水の溜まったパピヨンが居たから。

前回セナを引き取って検査した時はホッとしたけど、今回は?
前の飼育環境の元では血便してルイの便からそうめん・・・
いやっ回虫が出て虫下し飲ませた事があったし、今は耳が汚い。
掃除してもすぐベトベトの真っ黒い耳垢が出るし臭いあせあせ(飛び散る汗)

血液検査もおとなしくし、耳洗浄も堂々たるもの。
先生達に誉められたルイ。 その結果は。。。?

フィラリア・・・陰性
便検査・・・陰性
耳ダニ&マラセチア・・・陰性

『本当に良かったもうやだ〜(悲しい顔)

先生にまた引き取ったのかあ?と聞かれ簡単に今までの経緯を話し、
人間不信で引き取った時は誰でも咬んだのにすっかり丸くなったと
お話したら、看護士さんが「良いおうちに来て、人を信じられる様になったんだよね・・・」と言いながら、ルイを撫でてくれる姿を見てなんか、じ〜んときたたらーっ(汗)

そして犬をを怒鳴り叩き、セナ・ルイを人間不信にした前のバカな
オーナーと年代が同じ位であろう人には激しく怖がるルイが、
オーナーと年代が同じ位であろう先生の眉間のシワを舐めたり、
手を舐めたり・・・信じられない目

本当にルイは変わった。今でも知らない人をもの凄く怖がるけど、
それは仕方のない事だしいいの。
引き取った私達に応える様に、こんなに性格も表情も穏やかになった
ルイが、いつまでも健康でいられるように飼い主はがんばらなくちゃねるんるん
06.6.3.R.JPG
06.6.3.N.JPG
帰り道、埼玉では有名な『サイボク』に寄って、フランクフルトを
食べたレストラン
痛いの我慢した子にはコッソリお裾分けホネ

バッド(下向き矢印)痛い思いをしないで、ずっとうるさく車で騒いでいた
ミラ・セナにはナシ顔(ペロッ)
06.6.3.M&S.JPG

ニックネーム みんく at 23:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする